完全埋没の親知らずが見つかった時はどのようにすれば良いのでしょうか?

>

先ずは親知らずについて確認しましょう

完全埋伏智歯とは?

通常であればまっすぐに生える親知らずですが、歯茎の中に埋もれてしまい出て来なくなる状態があります。これが完全埋伏智歯であり、鏡で口腔内を見ても変化がない状態を確認できますが、歯医者でレントゲンやCTの診察を受けるとわかるケースが多いです。適切なケアをすれば痛みや腫れが起こることは概ねないので、放置をしても問題ないでしょう。

しかし、骨が溶けてしまったり腫瘍が発生するリスクは出ます。少なくても歯医者で定期的な診察を受けるようにしてください。また、痛みや腫れ、顎関節の不調原因の場合は顎関節症をはじめ二次被害のリスクを防ぐため抜歯を行いましょう。状態によっては、歯科医ではなく外科手術が可能な病院での処置が必要です。

水平埋伏智歯とは?

親知らずが歯茎に埋まっている状態ですが、真横に生えているケースがあります。これが水平埋伏智歯で、手前にある第二大臼歯という部分に力が加わった状態で留まります。それにより、顎への負担が掛かり顎関節症や噛み合わせ悪化の原因になるでしょう。また、歯茎に埋もれている分、口腔ケアをするのが困難なうえ他の歯に虫歯や歯周病があれば、病気が進行してしまうリスクも出ます。完全埋伏智歯と比較しても予後が良くないので、歯科医に相談をして適切な処置をするのがおススメです。

なお、抜歯の際は歯茎を切開して歯の頭の部分と骨を削ったうえで、抜歯をします。痛みに不安がある場合は、事前に麻酔を打つことが多いので心配ありません。腫れが出ても水で濡らしたタオルを患部にあてると、時間が経てば腫れは治まります。


この記事をシェアする

▲ TOPへ戻る