完全埋没の親知らずは抜いた方がいい?メリットとデメリット

完全埋没の親知らずが見つかった時はどのようにすれば良いのでしょうか?

先ずは親知らずについて確認しましょう

親知らずが歯茎の中で横向きに倒れてしまい、完全に埋もれている状態のケースがあります。日頃から適切なケアをしておくと、直接虫歯や歯周病の原因にはならないでしょう。しかし、少なからずトラブルのリスクは出てしまうので、抜くのも選択肢の1つとなるでしょう。

完全埋没の親知らずは健康面に影響がある?

前歯から数えて8番目にある奥歯が親知らずです。概ね10歳の時に顎の骨から形になり始めて、20歳以降に生えます。しかし、上下4本の親知らずが先天的に生えない人もいるので、誰もがある歯とは限りません。

親知らずが傾斜をしてしまい、歯肉に半分に埋まった状態の半埋伏状態にあれば、衛生面でも不潔です。それにより、虫歯や歯周病の原因となります。親知らず周囲の歯肉が赤くはれた状態を歯冠周囲炎であり、20代から症状が出る人もいます。これにより、顔まで腫れが生じてしまい、口の開きが悪くなったり喉や頚椎部分の炎症も起こしかねません。見た目の印象が悪くなる以外に、症状が重ければ内蔵系の疾患を引き起こします。また、スポーツ選手で力を必要とする競技を行う場合はプレイにも支障が出てしまい、満足な成績を残しにくくするでしょう。

親知らずがあれば虫歯や歯周病の症状が出やすくなるので、治療で抜歯をするケースが多いです。それにより磨き残しが出にくくなり、口臭や虫歯、歯周病のような症状が出るリスクを下げます。治療に伴い腫れが出ますが、歯科医の指示のもと適切な処置を受けると治まります。

しかし、抜けば良いとは限りません。なぜなら、親知らず以外の奥歯を抜歯する際、親知らずが丈夫であればブリッジやインプラント、入れ歯治療をする際の支えになります。前歯なども抜歯をする際も移植が可能です。その他、親知らずが無いと矯正治療をする際の噛み合わせの参加ができなくなります。

たとえ親知らずの状態が悪くても意外と使い勝手の良い歯でもあるので、抜いてしまうか否かを中長期的な視点で考えるようにしましょう。自分で決めるのが難しい時は、定期健診を兼ねて歯科医に相談してください。

完全埋没状態にある親知らずの放置は健康面でマイナス?

親知らずが埋まっている状態なら、ブラッシングやデンタルフロスをする際の磨き残しの心配がなく安心と考えるかもしれません。しかし。痛みが出なくても嚢胞という袋状の病態の発症をはじめ様々なリスクは出ます。少なくても歯科医で診察を受けてから、指示を仰ぐようにしましょう。

これを放置しても良いケースがあるのか

骨の中に親知らずが埋もれていると抜歯が良いと考える人はいるかもしれませんが、抜いてしまうのが正解とは限りません。磨き残しが残らないのでブラッシング時の負担が減るだけでなく、適切なケアをすれば歯茎に痛みが出る可能性は低いです。また、矯正治療の際にもプラスの効果が出ます。各種確認しましょう。

▲ TOPへ戻る